アトピー妻と薄毛夫の治療&体質改善日記

40代前半で再びアトピーが爆発した妻と40歳を越えたあたりから薄毛という問題に直面する夫。それぞれの治療と体質改善を記録しています。

アトピー妻の受診日記 2日目

前回、苦渋の選択として妻のアトピーの原因を探るべく
病院へ通うことを決意した私達。

初めての診察で一抹の不安を覚えながら、
アレルギー検査といくつかの薬を処方してもらい、帰宅。

処方された薬は飲み薬と塗り薬。
飲み薬は抗アレルギー剤、
塗り薬は消毒薬と消炎鎮痛剤。
どちらもステロイドではありませんでしたが
飲み薬はあまり効果がなく、
塗り薬も掻き傷の治りは良くなったものの
どうかなぁ?といった印象。

こんな感じで日々を過ごしながら
とりあえず2回目の診察に行きました。

アレルギー検査の結果が出ているので
早速伺うと、アレルギー反応が通常の500倍という
驚きの結果!
しかしアレルギーの原因となる物質が特定できず、
いつものハウスダストやダニに加え、カンジタなどの真菌、
あとわずかですがいままで出なかった食べ物の項目で
小麦が微量に反応が出ていました。

この結果を見て先生も判断できなかったようで、
もう1回、別の項目も足して検査をしようということに。
前回採取した血液が2回分の量だったため、
今回は採血もしませんでした。

また処方の薬もあまり合っていないと伝えると
別の薬を処方され、
もやもやした気持ちの中、帰路に着きました。

藁をも掴む気持ちで選んだ病院ですが
やはり私達は病院というものに
相性が悪いのかなぁ、落胆せざるを得ませんでした。

by薄毛夫

アトピー妻の受診日記 初日

いよいよ妻のアトピーの原因を探るべく病院へ行くことを
決意した私達。

過去に子供のアトピーが酷かったときも
いろんな皮膚科やアレルギー科を受診しましたが、
ステロイドを使用しない治療を望む私達にとって
病院の受診はとても重苦しく感じます。

まずは受付で「ステロイドを使わないで欲しい」と
説明するところから始まります。

ある程度理解のあるお医者さんなら考慮はしてくれるのですが、
あまり勉強していない医者だと
「ステロイドを使わないと直らない!」と言い切られたり、
「それじゃあ治療できない」と言われたりするなど
かなりのストレスになります。
 
また耳鼻科や眼科などは処置の際にステロイドを含む薬剤を
使用することもあります。
特に子供の喘息が出たときは必ずと言っていいほど確認します。
なぜなら吸引の際に使用する薬にステロイドがよく使用されています。

こういったこともあり、病院に行くということは
ある程度のストレスを受けてしまう場所、という認識なのです。
(中にはきちんと対処してくださるお医者さんもいるので
100%そうだともいいきれませんが・・・)

今回うかがったのは、小児アレルギーの専門で
免疫アレルギーを研究していらっしゃるという先生。
実績を見てみると過去10年ほどは評判がよく、
アトピーやアレルギーの研究所を執筆したり、
アレルギー対策の啓蒙活動も行っているそうです。
しかし評価を見ていると2004年ごろがピークのようで
知人もそのくらいの時期に見て頂いたとのこと。 
すこし不安も残るが、これまでの医者に比べれば
少しは理解があるのでは?という微かな希望を胸に
診療所へ伺いました。

今回の受診の大きな目的としては
妻のアトピーが酷くなった原因は何なのか?を突き止めること。
特にこういったアレルギーの原因を突き止める検査は
やはり医者でないとできないと思っていました。

今回は予約ではなく、すべての受診者が終わってから
特別に見ていただくということなので、診察時間終了間際に伺い
受付を済ませてから、待合室で待つこと1時間以上。
やっと今回診ていただく先生の受診に掛かることができました。

まずはヒアリングと目視を行い、まずは消毒と傷を治そうということで
いくつかの塗り薬を処方(当然ステロイドではない塗り薬)してもらい、
今後、どんな対策をするかの指針のため、
アレルギー項目の検査ため採血を行い、あとは後日来てくださいとのこと。

先生曰く、「これくらいの症状の人は過去に何人も治してきたので
大丈夫。簡単に直るよ」と、気軽そうにえびす顔で話す姿をみて
一抹の不安を感じながらも、病院を後に。
帰りの車の中で妻と話をすると、妻も「あの先生、大丈夫かなぁ」と
かなり不安げ。

その時は2015年の年末がこんなに最悪になるとは
知る由もなかった、最初の受診でした。

by薄毛夫

 

アトピー妻を病院へ連れて行くことに その2

妻のアトピーの症状がひどくなり、いよいよ病院という
選択肢を選ばざるを得ない状況になりました。

20代に3年かけてステロイド解脱を実行した妻にとって
病院で診察を受けるということはかなりの拒否反応。

また病院でステロイドを処方されるのでは?
という不安がとても大きく、これまで病院という
選択肢を避けていました。

しかし私の考えとして今回の悪化の原因を知ることが
できれば、対処法がわかるのではないか?と
思っていたので、とにかく妻が納得して通える
病院をいろいろ探しました。

ネット情報のクチコミ情報をくまなく調べたり、
信頼のおける知人に教えてもらうなど
いろんな病院を探した結果、
あるひとつの病院に行き着きました。

知人が重度のアトピーだったが、そこに通って
体質が改善されたという話を聞き、
ネットでのクチコミなをチェックし、この病院へ行くことを
妻に勧めました。

当時は一日の半分以上、強い痒みに襲われ、
気が狂いそうに掻き毟る日々を過ごしていました。
精神的にも追い詰められてか、終始ヒステリックな言動のため
殺伐とした空気が家の中に蔓延し、
子供達にも悪い影響が出始めていました。

そんな中でたどり着いた「病院へ行く」という選択肢。
その病院は私の住むエリアでは結構有名らしく、
予約を取るにしても1月以上待たなければという話。
しかし急を要するような場合は、予約者が終わったあとに
診察していただけることのこと。

一人で行かせるのも不安なので、会社を早退し、
妻を病院へ連れて行くことを説得。
期待と不安が入り混じりながら、
いよいよ病院に向かいました。

つづく

by薄毛夫

スポンサード リンク